フィリップ・H・ウィックスティード (Philip H. Wicksteed), 1844-1927

原ページ
 
Google
WWW 検索 cruel.org 検索

Portrait of P.H. Wicksteed

(以下、wikipedia記述をほぼそのまま踏襲)

 フィリップ・ヘンリー・ウィックスティードは経済学者として最も有名だが、イギリスユニタリアン派神学者兼牧神、古典研究者、中世研究者、文芸批評家でもある。ロンドンユニバーシティカレッジとマンチェスターニューカレッジでは古典文学を学び、卒業後の 1867 年には父親にしたがいユニテリアン教会牧師となった。ダンテ研究家としても当時の第一人者の一人で、神学、倫理学に関する著作を大量に発表している。経済学に関心を持ったのも、ヘンリー・ジョージ『進歩と貧困』(1879) を読んで、当時の商業社会における極度の不平等と貧困に対する倫理的な批判を感じたからのようだ。だからシュムペーターはウィックスティードが「専業経済学者の少し外側にいる人物だ」と評している。

 だが30代半ばで手を締めた経済学の分野で、ウィックスティードはすぐに頭角をあらわした。ジェヴォンズYet, within a few years Wicksteed was to publish significant economic work of his own, carefully expounding on the theory he learned from Jevons, and to become for many years a lecturer on economics for the University of London Extension Lectures (a kind of adult-education program initiated in the 1870s to extend “the teaching of the universities, to serve up some of the crumbs from the university tables, in a portable and nutritious form, for some of the multitude who had no chance of sitting there”).

In 1894, Wicksteed published his celebrated An Essay on the Co-ordination of the Laws of Distribution, in which he sought to prove mathematically that a distributive system which rewarded factory-owners according to marginal productivity would exhaust the total product produced. But it was his 1910 The Common Sense of Political Economy which most comprehensively presents Wicksteed's economic system.

フィリップ・H・ウィックスティードの主要著作

フィリップ・H・ウィックスティードに関するリソース


ホーム 学者一覧 (ABC) 学派あれこれ 参考文献 原サイト (英語)
連絡先 学者一覧 (50音) トピック解説 リンク フレーム版

免責条項© 2002-2004 Gonçalo L. Fonseca, Leanne Ussher, 山形浩生 Valid XHTML 1.1