<-- 14 章おまけ  目次  16 章 -->


ケインズ『雇用と利子とお金の一般理論』要約、15 章

山形浩生 (全訳はこちら

15 章 流動性への心理的・ビジネス的なインセンティブ

Abstract

  1. 人が流動性(手持ち現金)を欲しがる理由は、ビジネス上の運転資金や生活資金、そして用心のための現金ニーズの他に、投機による現金需要がある。この投機需要が重要。

  2. 投機ニーズがなければ、ある程度の現金を手元にもっている人は、別に中央銀行が追加でお金を刷ろうが気にしないだろう。でも投機で常に市場を見ている人は、自分の将来的な金利見通しにしたがって、現金と債券を交換することで投機を行おうとする。そして、実際にお金が動くのは、人によって将来金利の見通しがちがうから。

  3. 投機をする人は、いま債券を買うか、それともとりあえずは現金を持って、将来金利が上がってから買うか、という選択をする。将来金利の不確実性が、こうした現金ニーズを高める。また、金利が下がるといま債券を買っても得られる儲けは少なくなるので、いまは現金を保有して将来の金利上昇に賭けたほうがいい。すると金利が一定以上低くなると、だれも債券を買わなくなり、中央銀行は金利をコントロールできなくなる。(流動性の罠とほぼ同じ話)

  4. 結局、金利は市場がどう思っているかで決まってしまうが、そこにあまり根拠はない。中央銀行がもっと長期短期あらゆる債券を買って金利のイールドカーブをはっきりさせれば、みんなそれに流されるだろう。

  5. ここでの議論の特殊解として、一般の貨幣数量説は存在している。現金の貯め込みがなくて完全雇用なら、貨幣数量説は成り立つ。


本文

Section I

Section II

Section III

Section IV

<-- 14 章おまけ  目次  16 章 -->

YAMAGATA Hiroo日本語トップ


Valid XHTML 1.1! cc-by-sa-licese
2011.10.10 YAMAGATA Hiroo (hiyori13@alum.mit.edu)


このworkは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。