<-- 12 章  目次  14 章 -->


ケインズ『雇用と利子とお金の一般理論』要約、13 章

山形浩生 (全訳はこちら

13 章 利率の一般理論

Abstract

  1. 金利は、所得のどれだけを未来の消費にまわすか(つまり貯蓄するか)を決めるのではなく、その未来にまわす分を現金でない形で持ちたいかどうか(流動性選好)によって決まる。だって現金でタンス預金したって貯蓄だけど、金利とは関係ないでしょ。

  2. 現金で持つ理由は、取引に使うため、金利変動に対する用心、金利変動をもとに儲けようという投機の3種類ある。そして後の二つは、将来の金利が不確実だから生じる。

  3. そして金利は、こうした動機で決まる、お金に対する需要と、実際のお金の量とをマッチさせるものだ。だからお金が増えると金利は(ほかの条件が同じなら)下がる。


本文

Section I

Section II

Section III

Section IV

Section V

<-- 12 章  目次  14 章 -->

YAMAGATA Hiroo日本語トップ


Valid XHTML 1.1! cc-by-sa-licese
2011.10.10 YAMAGATA Hiroo (hiyori13@alum.mit.edu)


このworkは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。